2009年06月04日

きこえるかい

http://www.youtube.com/watch?v=-13JW-bFvbc

この動画を観たアナタ、聞こえましたか?
聞こえた人はご愁傷様です

何か今この音が問題になってるとか

問題というのは、公共の場でこの音を流して、若者が夜中に公園とかで溜まるのを防ぐようにしてるとか
何て言うか、面白い発想だけど、えげつないなぁw
posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 03:29| Comment(3687) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

ダメリカンクラッカー

ナカケンがぁ






seesaaブログにぃ





帰ってぇ





















クンナーーーーーーーーーーーーーーーーー!!


2年以上放置して申し訳ございませんでした・・・
スパム等で色々揉めて、ほったらかしにしてましたが
やはり自分の原点はココだろうと思い、再び活動する事に

再びココに駄文を書き連ねる事をお許し下さい





さあ、みんな!






僕の顔をお食べ♪







そしてハゲろ!!
posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 22:47| Comment(8247) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

5!!!

そんなBACK HORNのステージですが
丁度、日が完全に暮れて真っ暗の会場
そこに不気味なライトアップでのショータイム

それはまさにワンマンショーのようだったデスよ

もう音圧が凄まじいバンドでした
大好きなコバルトブルーが爆音で演奏されて、鼻血もののステージさ
最初はバックホーン、そんな好きじゃなかったんです
見た目とか怖いしw
でも歌詞に見える繊細な感性とゴリゴリした無骨なサウンドが
たまらなく心を揺さぶるわけでして
なんつーか、イイ
カコイイ♪
心の中の中2が騒ぐぜ、ですからチェリオを一揆飲みだ!!
あ、ちなみに一揆飲みとは、圧政に苦しむ民が役人の首を切り落とし
それを掲げながら酒を飲む事さ


そんなわけで、後半からグダグダになってきたこのレポ
やっぱ熱のあるうちに書けよ、と
つか、分けずに一気にまとめて書けよ、と
2枚組みのアルバムで成功したのって少ないぞ、と

色々ありましたが、いかっちの夏、体験物語はこんな感じでした

かしこ



ああ、めんどくせえ
posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 03:47| Comment(4846) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファシスト外山恒一の逮捕を考える会4

何事も無かったかのように、続き

モンパチの登場で会場の空気が若返り、日も暮れる
思えば日陰の殆ど無い会場で、よく朝から騒いでたもんだと
自分で自分をほめてあげたいと思います(それを人はオ・ナーヌと呼ぶ)

ゴミ袋を見ると、クリーン作戦か!と言いたくなる位
大量のペットボトルが詰め込まれていた

一日で何本飲んでるんだ、と
そしてそれが全部汗になってるって、凄くないか


とかウダってたら握りこぶしくらいの顔
お尻も小さな、とにかく超スレンダーな女の子が登場

木村カエラだった

びっくりするくらい小さい体に、唖然としていたら
ゴツゴツした男くさいバンドの演奏に乗せて
その小さな子がパワフルに歌いだす

なんでこんな小さな体にここまでのパワーを感じるのだろう
スカウター壊れちまうぜ、な勢いでヒット曲の連発

うむ、カワイイは正義だ

何やっても許す!!




カエラのステージが終わりサブステージのあたりをぶらついてたら
甚平姿の青年がギターを抱えて演奏開始していた

なんと、若く見えるけど、実は30代後半のスネオヘアーだった

MCで毒吐きまくり、メインステージのセッティング中
とにかくセッティングしているスタッフをイジる

それがあまりにも面白すぎたので、正直何演奏したのか覚えてねえ!!
つか、終盤は頭死んでたから殆ど覚えてねえ!!

覚えているのは、その後のTHE BACK HORNのステージが
あまりにも素晴らし過ぎたということだったぜ、ベーベー
posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 03:38| Comment(2128) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

ファシスト3 Rock'n Roll High School

さあ、OTODAM07の続きを書くぞ〜ぴかぴか(新しい)

え、遅いって?

まあ気にしなさんな、セニョール♪

そう言えば今月号のDMCに出てたファンのアイツって
どう見ても押尾先生だよね、的な閑話休題も入れつつ話しますよ


前回までのあらすじ

トモフスキー見て泣いたりしたなあ
奥田民生の辺りで、熱射病になりかけてタオル被って寝てたなあ
あの時はホンマ死ぬかと思いましたぜ


ドッカ〜ン



民生終了後、少し長めのセッティング時間
売店でメシを買ったりして時間をすごす

麺がモチモチ、つーかゴムみたいに固いけど
スープがあっさりした韓国冷麺、ピリ辛の鶏肉料理も旨かったが
思い出深いのが、ほうれん草と豚肉を炒めたヤツを白飯の上に乗せて
マヨネーズぶっかけた、その名も「ポパイ丼」がうまかったぴかぴか(新しい)

疲れた体に豚肉はいいと聞くが、アツアツの丼を汗だくになりつつ
モリモリ食べてると、それだけで元気が出てくる
まあ欲を言えば豚肉をもう少し多くしてほしいかな、と
それでもおかずも沢山買ったので全然困らなかった

しかし、今回グッズや飯と同等に買い込んだのが、飲み物だ

1バンド終わる度に1本のペースでお茶や水、酒を飲んだ
でないと脱水症状で倒れそうになるほど暑かったし
声を張り上げていた
その為、帰る頃には大量のペットボトルの入ったゴミ袋の完成

コレを持って寝ている子供の枕元に置いていってあげたいね

「タカシ、サンタさんがプレゼントをくれたみたいだぞ〜」
「え!ホント!?わーい♪」





「コレジャナーイ!!!」




気付くとそろそろ開演の頃合だったので舞台に向かうと
舞台の右側に聳え立つ、マーシャルのアンプの山
我らがメタルキング、サブカルキング
つか、むしろトラウマキングの筋肉少女帯である

MCでボケ倒すオーケンは最高だ
何が「8年ぶりに再結成しました、X-JAPANでーす!!!」だw
爆笑だったじゃねーか、と
まあMCも良かったが、肝心の曲も、名曲のオンパレードマーチで
釈迦、ブー、戦え〜、ダメ人間、と、まさにベストオブ筋少
力強くセクシーなメタルサウンドが会場に響き渡る
橘高さんのフライングVの超絶サウンドはすさまじかった
股に挟んでギターを引っかく様は、アルカトラスのPVみたいだ

筋少はもうすぐアルバムを出すみたいだけど
同窓会みたいなノリでやって欲しくは無い
やるなら今ある筋少のパワーをすべて詰め込んだ
濃厚なアルバムにして欲しいッス


筋少の後、かなりモッシュゾーンの密度が濃くなっていた
どうも次はモンゴル800らしいが、正直、彼らが「あなたに」で
バーン、と出てきた時はあまりハマっていたというわけでは無く
人気というものをイマイチ知らなかったのだが
このフェスで改めてすごいバンドなんだなと認識した
音がガリガリしててカッコイイし、歌詞も素直でわかりやすい
これなら様々な世代に分け隔てなく愛されるな、という感じで
「あなたに」や「小さな恋のうた」といった
聞いたことある曲に自然とノリだしてきたのにはビックリ

やはりフェスはいいや、楽しい
知らなかったバンドとかに触れられると新鮮だし
バンドや、そのバンドのファンの人とかの熱気が伝わるって
素晴らしい体験ではないかと思ったわけで


終わってからシートの上で軽く仮眠

日も暮れかけてきて、涼しい風が吹いた

気付いたら頭痛なんてどっかいってた

Tシャツの汗の匂い、草の匂い、焼きもろこしの匂い

いろんな匂いがした

とりあえず、焼きもろこしの匂いでお腹も空いてきた時間だった


セッティングの音が心地よい子守唄みたいに聞こえるなんて
不思議な空間だわ
posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 01:08| Comment(1254) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

フェシスタ2〜Life聴きながら書いてます、明日仕事なのに何やってんだ俺〜

前回までのあらすじ
ライブに行ってきたぜ、ヒャッホー
今回から出演アーティストの話とかしちゃうぜ、イエーイ

070825_104009.jpg


RGが結構空気をにょろ〜んとした不思議な感じにしてくれましたが
ライブは容赦なく開始

一組目はマキシマムザホルモン
入場と同時に会場の空気が一気に沸騰するグッド(上向き矢印)
「握れ」、「恋のスウィート糞メリケン」と、もうヤバいくらい
会場を盛り上げて、つーか暴走させて、一組目から濃いなあ!と
焼肉屋に入っていきなりロース頼む、みたいな
MCがオモロすぎだしさ、ホルモンぴかぴか(新しい)
ナヲ姉とダイスケはんの掛け合いを生で見れたけど
芸人でも勝てないんじゃないの?って位笑えたぞ
頑張れ、RGぴかぴか(新しい)

気づけばライブ終了、シャツとタオルは汗まみれ、靴とジーンズは泥まみれ
一曲目からこれで生き残れるのかと心配しながら水分補給

ペットボトル一気飲みさ、爽健美茶が一瞬で消えたぜ
アワワあせあせ(飛び散る汗)

次はYO-KING
連続はしんどいので少し離れたところで落ち着いた雰囲気で聴く
流石はベテラン、いい意味で貫禄があったよ
シンプルな編成だけど、すばらしいロックを奏でてくれた
若さや勢いを忘れない人だったぴかぴか(新しい)


軽く休憩して、次に

メインステージが終わるとサブステージが開始
サブステージの最中にメインのセッティングをするという構成
で、次の出演者のセッティングをしにスタッフが登場、と思いきや歓声が巻き起こる
なんと、次の出演者であるTOMOVSKYが出てきて、自ら陣頭指揮をとっていた

次々とサポートメンバーが登場し、舞台に勢ぞろい
そこにはなんと、彼の実兄、Theピーズの大木温之が
何だこの豪華さは

ステージ開始、あまり曲は知らなかったけど、今回のライブで
一番印象に残っていますよ



だって俺、2曲目でいきなり号泣したもんぴかぴか(新しい)

いやあ、まいったよ、マジ泣きさあせあせ(飛び散る汗)
彼のハートフルなMCとポジティブな歌詞
聴いていて安心させてくれる声と曲に、もうメロメロぴかぴか(新しい)


どうでもいいけど、彼がステージメンバーを紹介する時
「今日は兄さんがベースを弾いてくれました」というのが
すごいカワイイと思えた
「兄さん」ですよ、兄さん

いやあ、ソロはカステラの時と雰囲気違うのかな、位しか思ってなかったのに
スゲエ、現役じゃん
ステージ狭しと暴れ周り、マイクスタンド倒しては直しにくるスタッフに謝り
ステージ下を駆け回る姿は、年齢不詳だぜ、まったく

でもそんな彼にメロっちまったから終わってから即効で物販行ってCD買ったよ
ミーハー?ハハハ、知ったことか♪


その後、奥田民生が登場するのですが
スミマセン、暑さに負けて寝てました・・・
ホンマ、スマソ





なぁこと物販に行って、TOMOVSKYのCDを買いに行ったら
なんとご本人様が自ら売ってましたので
これは絡まねば!と乗り込み、購入ぴかぴか(新しい)
「サインするよ〜」の声に興奮しながら封を開け、ジャケにサインしてもらい
興奮してなぜか慌てて帰ろうとするボキに
「握手していこ〜ぜ」と


あわわわ、死ぬって、と思いながら握手した彼は笑顔がまぶしく
手はとっても暖かかった
そして近くで見ると、やはり41歳、と納得ぴかぴか(新しい)

モフーン

070826_233430.jpg
posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 02:44| Comment(1458) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェスタ1〜泉大津フェニックスはコンビニとか何もねえな〜

なぁ子に誘われたので、夏フェス「OTODAMA07」に行ってきたズラ

070825_133630_ed.jpg

感想は、とにかく「アツイ」ぜ、としか言いようが無かった
「ライブが熱い」し「気温も暑い」し「人情も厚い」し
ところで上の文章は「し」が目立ちますね
し、し、し、と三連発だしー
CCB、それは関係ねぇ、おっぱっぴー

とにかくかった
駅前から会場まで行くのも暑かったし
少し離れたところから運行しているバスで行くのも疲れそうなので
思い切ってタクシーを使ってみましたが、これが大成功
駅前から会場前まで、1300円で行けましたぴかぴか(新しい)


入場前にいろいろ粗品を貰った
タワレコの袋に出演者の新譜のチラシと、何故かレジャーシートが
何に使うのか考えながら歩くと、会場に到着
会場はだだっ広い草むらの遠くにメインステージが鎮座しており
みんなその周辺にシート敷いて、まったりしとる模様

と、入り口付近にお土産屋があったので、時間もあるし並ぶことに

マキシマムザホルモンのグッズを買おうと店に向かうと


070825_101027.jpg

なんですか、この人のムカデは・・・
スゲエ、ホルモン大人気過ぎだって〜^^;
○○のショップなんかガラガラなのry

タオルやTシャツといったグッズを購入してホクホクするぴかぴか(新しい)


んで、我々もステージの近く、スピーカーの側という
ライブ中そこにいるとかなりうるさいけど、露天も近いし
休憩にピッタリな場所を確保
陣地もゲットしたので、祭りの無事を願い、景気付けにビールをグイっと
いやあ、久々に美味いものを飲んだと思えたよ
開演をそうやって待っていたら、人がどんどん集まって
ステージ前をビッシリ埋め尽くすあせあせ(飛び散る汗)


とりあえず、我々もステージ前に移動
主催者の注意事項を聞きながらトップバッターの登場を心待ちに


と、鳴り響いていた開演待ちの音楽がフェードアウトして
軽快な入場曲に
みんなで手拍子して、トップバッターを迎える

トップバッターは「レイザーラモンRG」

ってミュージシャンじゃねえw

でもRG登場は非常に盛り上がっていたし、調子に乗ってひどい目にあうキャラは
どんな舞台においても非常にオイシイ役だし、いないと寂しいものだと改めて思った
客に帰れコールを言わせたり、ギャグやってスベったり、突然「君は1000%」を歌って客を唖然とさせたり
でも何故か盛り上がったw

さあ、ライブが始まるぞ、と興奮しながらステージを見つめる
あ、長くなるとダレるから一旦切ります


すぐに書くからご安心を

070825_104541.jpg

posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 01:38| Comment(1773) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

ブッシュってどういう意味??

スパルタローカルズの新譜、といっても大分前に出たヤツですが
「まぼろしFOREVER」をヘビロテ中です




メッチャカッコイイバンド、まさにそんな言葉がピッタリだった
張り詰めた感じのサウンドに、安倍コウセイのボーカルが
切り刻まれながら歌い、絶叫する、そんなイメージ

アルバム内の「象」って曲を聴いてると、ついついトリップしてしまう
象が動物園を抜け出して荒野を目指す歌
仲間にお別れして、ノシノシ歩く話
それだけなのに、なぜ泣けるんだろう

それは、このアルバムの歌詞がボーイズ・オン・ザ・ラン、な
何と言うか、ひたすら前向きで辛い目にあいながらも
最後までハッピーエンドを目指す

それだけの事だけど、それを表現するには相当勇気がいる
親しみを持たせようと客に媚びようと、客をナメた奴らが
そういった薄っぺらな希望に添加物を塗して押し込んでくるのには
ウンザリしていた

だから、こういう突き抜けた感じのするバンドが世に出てくると
まだまだ死ねないな、と、健康に気を使ったりするわけで

死ぬにはまだ早いッスよ、こんなのがいっぱい観れる世界
捨てたもんじゃ無いと思えるなら、明日もいい日になると思う

読みたい本が多いし、聴きたいCDもある、食べたいものも多い
だから働くし、働けるし、働きたいのさ


今日の1曲
スパルタローカルズ「象」
posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 00:26| Comment(1017) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

ロッキーチャック

さっきめちゃイケを観てたら
高橋アナに「今すぐに武器を捨てて手を挙げなさい!!」
と言われてる気になったので、とりあえず手を挙げてしまいました

でもそんな事は一言も言ってるわけないし、武器も持っていないので
なんでそんな事になったのかなーと不思議に思い、よーく考えてみると


彼女の44口径の鼻の穴がこちらを完璧にロックオンしていたという驚愕の事実ぴかぴか(新しい)

武器よサラバ

いかっちです

posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 21:29| Comment(1313) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

今川版イカッチーロボ

アロハー、帰ってきましたYOぴかぴか(新しい)


Ah,Yeah,Oops・・・ゴメンナサイ;;;;;;;


いやはや、サボタージュが過ぎましたが、私は元気でス
相変わらずジャズマスターかき鳴らして生きておりますグッド(上向き矢印)

ここ1ヶ月で色々ありました
いきなり同期の子が退職したり
カスタマーの苦労を身に染みてわかったり
バファリンの半分が優しさで出来ているなんて嘘っぱち
優しさだけじゃ何も救えない、ナイフじゃ誰も守れない
じゃあバファリンの半分は何で出来ているんですか!?


「んなもん、ノーシンに決まっとるやろ! by 板尾」


とかね、色々
まあ周囲がどんなに慌てようと気楽に生きているのは変わらないし
実家暮らしでヌクヌクとしてるけど、何か問題でも??

と、開き直れる位にはなれました




昨日フリクションの「Replicant Walk」を購入
「BAD LUCK」という曲、ヤバイ位カッコイイ
サイバーパンクって感じのゴリゴリした近未来チックなパンクロック
こんな曲聴きながらバカルディでもグビグビいってみますか
間違い無くトランス出来るぴかぴか(新しい)

つか、先日友人とバカルディをグイ呑みして
かるーくグレイトフルデッドな気分に

お酒は怖いねぇ
posted by 斑鳩-イカルガ- 改め、ナカケン at 22:52| Comment(971) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。